Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
子供の頃のような着せかえ遊びを、等身大でやってみます。
オシャレのモットーは「タンス在庫を作らない」。
女子歴長いですから、オシャレの蓄積資産はたくさん!
高いものも、安いものも。新しいものも、うんと古いものも。
これらに今の気分をパラリとふりかけて、
Comariの着せかえ劇場のはじまり、はじまり〜♪
Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
久島優子の手づくりのおしゃれブック
久島優子の手づくりのおしゃれブック (JUGEMレビュー »)
久島 優子
手作りのものってデザインが古臭かったり、なんだかもっさりしたものが多いのですが、この本にのっている作品はシンプルでシルエットもイマっぽく、どれもこれも作りたくなるものばかり。作り方も丁寧に図解されてわかりやすく、イチオシ!です。
イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事 (JUGEMレビュー »)
ユキ・パリス
イニシャルやモノグラムのアートとしての美しさに気づかされます。ふだん手芸などしない人でも、この本を見ると、きっと自分のイニシャルを刺してみたくなりますよ。でも実際に刺繍するなら、まったくの初心者にはちょっと難しいかも。私がそうでしたから。(笑)でも眺めているだけでも楽しい本です。
RITA’S BASIC リタ的ハッピー・クローゼット
RITA’S BASIC リタ的ハッピー・クローゼット (JUGEMレビュー »)
高橋 リタ
はるか年下であるにもかかわらず、私のツボにもはまります。根底でベーシック好き、ビッグメゾンより職人技をリスペクト、というあたりでつながるのだと思います。ゆるいファッションより、どこかキチント感を残したオシャレを好み、サルトルのブーツや、バルバのシャツ、ジャック・ロジャースのトング等に心惹かれる人にはオススメです。
ジム再開

8月23日(木) 晴れ 最高気温33度
ものすごく久しぶりにジムに行きました。
足が痛くて何ヶ月かお休みしてて、回復したので一度行ったんですが、運悪く施設の改修工事中。
レストランのあたりの工事だったので、ジムは使えたんだけど、シンナー臭くて、10分ほど走っただけで、ほとんど逃げ帰ってきました。

そろそろ改修工事も終わったんじゃないかと期待して行ってみたわけです。
そうしたら、単にキレイになったというだけでなく、ジムのスペースが移動して、スタジオもできて、機材も充実!

一度、中断すると、ジム通いを復活させるのは、なかなかにハードルが高いんだけど、コレステロールが気になるお年頃。
なんとか再開しようと思います。
| health | comments(0) |
食べてるよね〜

7月15日(日) 晴れ 最高気温35度
お暑うございます。
例年なら、まだ梅雨なのに。
今年は、よく晴れて、暑くて、なんだかもうぼうっとしてしまいます。

今日は母のところに、様子を見に。
膝が痛いから、あまり歩けないそうです。


歩けないと、筋力が落ちて行きます。
出かけなくなれば、お友達とも会わなくなります。
そうすると認知症の心配だって、出てきます。

膝が痛い原因は、いろいろあるとは思うけれど・・・。
うーーん、ちょっとばかり太り過ぎなんじゃないかなぁ。

それで少し食べるのを控えたら?
と言ってみたところ、
「そんなに食べてないわよ。」と。

いやぁ、充分に食べてますって。

一緒に旅行すると、なにかと口に入れてますから。

移動のクルマの中でポイっと、一口。
宿でも食事の前でも一口。

どか食いするわけじゃないんだけど、ちょっと一口が多いのです。

それに食べ物の志向がね、問題。

好きな食べ物は、炭水化物に脂肪、甘いもの。

私も好きだけど、年齢的に動脈硬化とかいろいろ問題が出てくるので、‘ばっかり’にならないように注意してます。
もっとも痩せすぎる怖さも、よくわかっているので、ダイエットはしません。

ただ好きなものを好きなだけ食べてたらマズイ年代と思ってます。
ましてや母は、もっとマズイ。

せめてこれ以上は太りませんように。
| health | comments(0) |
バリバリっ!


7月5日(木)  雨  最高気温29度
雨が降り、久しぶりに、ちょっと気温が下がりました。

今日のメインイベントは、鍼・マッサージ。

恐ろしいほどに全身バリバリなのです。

エステのオイルマッサージじゃ、もう効きません。

今日は1時間、しっかりやって頂きましたが、施術の先生もびっくりのバリバリ度。

いつもならもうちょい柔らかくなるんだけど。

来週早々の予約も入れました。

 

ここまで疲れを貯め込む前に、定期的にメンテナンスをしたほうが、結局はお金もかからず、元気が長持ち。

 

歯のクリーニング同様、スケジューリングしたほうが良さそうです。 


 

| health | comments(0) |
ウムムム、足が痛い


5月17日(木) 晴れ 最高気温28度
このところ調子が良かったので、油断して、スニーカー以外の靴を履いていたら、ちょっとまた足裏が痛みます。
今日は右足の小指の下あたり。
歩き方が悪かったのかしら。
外体重になっていた模様です。

ほんとは足元はこうなる予定だったんだけど・・・。

痛くて履いていられないのです。

残念。

こうなるとせっかくのJ.M.Westonも宝の持ち腐れ状況です。
ヒールのあるパンプスも履きたい!

なれど、マノロもヴィヴィエも、ゲタ箱在庫。


履けないなら、スニーカーを買い足そうかしら。

今なら、欲しいと思えるネイビーのスニーカーがあるのですが・・・。

(スニーカーにはときめかないワタシにしては、めずらしい。)

 

限りある収納スペースを眺めて、考え中です。

 

 

| health | comments(0) |
VIVIERの季節なのに・・・


4月24日(水) 雨  最高気温21度
足が痛くなってから、はや3週間。
庇い歩きをしていると、だんだん痛いところが移動。

日によって、あまり痛まない日もありますが、大丈夫かな?と、パンプスを履いたりすると、ちょっと辛くなります。
それで、毎日、スニーカー。Docomo_kao20
せっかくVIVIERの季節が到来したというのに!ゆう★

 

比較的調子のいい日に、ヒールのないペタンコタイプを試してみたけれど、

やっぱり後で辛くなって、一進一退状況に陥りました。

どうもね、ちゃんと治るまで、スニーカーを履くしかないみたい・・・。

 

でも、スニーカーにときめかないワタシ。

コーディネイトもつまらなくなりがち。ゆう★

 

明日もスニーカー?

何着よう・・・。

 

 

 

| health | comments(0) |
トゲ?


4月3日(火) 晴れ 最高気温23度
足裏の薬指の付け根のあたりが、ヒリヒリチクチク。
トゲでも刺さったのか?と思い、毛抜きを取り出すも、見えません。

仕方なく皮膚科へ。
医者に行くのも、足を着くと痛いので、ヒョコヒョコ状況です。
見かねたオットが車で送ってくれました。


お医者さんに拡大鏡でチェックしてもらったならば・・・、トゲじゃないと。
じゃ、何?
何か湿疹ができて、それが乾燥してささくれて、それがトゲ状に見えてるとのこと。
痛むのは、炎症を起こしてるとからだそうです。
炎症を抑え、消毒作用のある塗り薬を塗ってもらい、さらに痛みが緩和するようにと、化粧で使うようなスポンジ状のモノまて貼ってくださいました。
(ネットで評判の良いところを検索したのですが、こちらの皮膚科の女医さんは、丁寧な診療で、とっても親切。今じゃ皮膚のトラブルは、少々遠いのですがこちらへ駆け込んでおります。)
ただ、湿疹や炎症を起こした原因がわかりません。
この状態になるまで、3日くらいはかかるので、3日前に、何か踏みませんでしたか?と問われたものの、とんと思い当たらずなのです。

原因がわからないと、繰り返すことになるから、と心配してくださるので、わたしも一生懸命思い出そうとするのだけど、いやあもう3日前の事なんか、まるで覚えてないわ〜。汗

治るまで2週間くらいはかかるそうです。
それまではジムにも行けない。
健康診断にジム効果がはっきり現れていまして、ジム通いの回数を増やそうと思っていた矢先。

ペシっ!と出鼻をくじかれました。

治るまでにこの意欲がしぼまなければいいんだけど・・・。

| health | comments(0) |
そろりそろりと

2月26日(月) 晴れ 最高気温10度
熱も下がって、ほぼ復調。
なれど、インフルエンザ感染から、おそらく6日目。
このくらいのタイミングだと、他人様に移す可能性は、まだあると思われ、家でおとなしくしているつもり・・・・
だったんですけど、キャッシュが枯渇。
代引き商品が届く頃合いなので、ちょっとおろしに行くことにしました。
ついでに、郵便も出したいな、と。

いけないいけない。

そくそく、帰りませんとね。

世の中のメーワクになります。

でも明日になれば、もういいかな〜。
忙しいのよね、この時期は。
| health | comments(0) |
インフルエンザ真っ最中

2月24日(土) 晴れ 最高気温14度
水曜日から、インフルエンザで臥せっております。

月曜日にジムから戻ってきた後、なんか喉がイガイガするなぁと思っていたら、火曜の朝、36.8度。平熱よりちょっと高め。
水曜日の朝は7度4分。 微熱です。
ところが夕方、熱っぽくて、帰宅すると、38.4度。
かなりの発熱!

それで木曜日に、ウンウンいいながら、医者に行き、検査したらA型インフルエンザでした。
その場でイナビルを吸って、今日は熱が下がって、かなり楽です。
ただ、咳がまだ出ます。腹筋が痛いっ!
それにインフルエンザ菌を生成中なので、あと2、3日は、自宅療養です。

今日の写真は、元気だったら着たかったコーディネート。

熱が下がると、暇を持て余しまして、妄想コーディネート遊びしてます。
| health | comments(2) |
ジムでやってること


12月7日(木) 晴れ 最高気温12度
ジムに行く前にパチリ。
ジムのロッカーが小さいので、ボリュームのあるコートが着れません。
あとブーツなんかもNG。
そこで内側がキルティングになってるブルゾンと、比較的脱ぎやすく場所を取らない靴を選択。


一応、週に一回はジムに行くことを自分に課しています。
だけど行くまでは、面倒で、面倒で。ムスっ
行ってしまえばノルマはこなすんですが。

で、自分で課したそのノルマ。
まずストレッチ。

10分位かけて、ゆっくり。

ことに脚の裏、腰は念入りに。

次はランニングマシン(トレッドミルというらしい。)を30分位。
これは20分位は走って、10分位は早歩き。
走る時は時速8キロから8.3キロ。早歩きは時速6キロから6.2キロ。
30分でだいたい3.5キロを走ったり歩いたりしたことになります。

実はふだんは走るのが嫌いです。
だから30分とか3.5キロを走るなんて無理!とんでもない!って、最初は思っていました。

でもそれがジムのマシンだと、何故か走れる。


もともとジム通いの目的は、コレステロール値を下げること。
それには早く走るより、時間を長く走る事が大切とトレーナーの方に言われました。

だから出来るだけ長い時間走ろうと努力。
でもなかなか、厳しいわ。汗

ランニングマシンが終わったら、肩凝り対策で、T字のバーを首の後ろに引きおろすマシンを10回。

次に足腰の筋肉が落ちないように、スクワットみたいな運動ができるマシンか、脚の内転筋や腸腰筋を鍛えるマシンをやって終了。
それからまたゆっくりストレッチをやって、だいたい一時間から一時間10分くらいでおしまい。

あんなに来るのが面倒だったジムだけど、終わってみるとスッキリ。

汗が心地いい。

 


ジム通いの目的はダイエットとか引き締めとかじゃなくて、ひたすら健康維持です。

もうちょっと若いときは見た目をマシにしたいっていう気持ちが強かったんですけど。

今や、動機がまったく違ってきました。苦笑い
ジジババは、一にも二にも、健康! 体力維持!

何をやるにしても、ベースの身体が健康で体力がないと、やりたい事がやれなくなると実感する日々。
あとね、人生の荒波がやってきた時に、踏ん張れるかどうかは、けっこう体力に影響されるなって思います。

心身の基礎体力って、連動しているのよ。

 

人生90年の時代。

これからだって何があるかわからないし。


だから、今日も頑張りました〜。手

| health | comments(2) |
保険の見直し


9月14日(木)  曇り  最高気温31度
このところ保険の見直しをしています。

オットが骨折して整形外科通いが長く続いたことから、医療保険に入ったほうが良くないか?と言い出しまして。
ちょっと、不安になったのかもしれませんね。

我が家は、基本的にあまり保険に入ってこなかったんです。
私もフルタイムでずっと働いてきたし、子供はいないし、カバーするべきリスクがないから。

それでもその時々の情報やら、状況、自分の心持ち(だって不安感を煽るような情報が多いんですもの)で、多少の保険に入っているんですが、オットの医療保険は入ってないんです。
(むかーし昔の保険の特約の医療保険があったんだけど、主契約が満期になって、なくなってしまいました〜。汗

それで、今一度、医療保険への加入を考えてみる事にしました。


実は、数年前に一度、オットは医療保険に入っていた事があるんですね。
ていうか、死亡保障も収入保障も医療保険もと、大盤振る舞いのフルセットで。
万が一があったときを考えて、法人保険に加入してくれていたのです。

が、このことは入ってしばらくたってからの事後報告。

困らないように・・・という気持ちがホントに嬉しかったけれど、加入を知らなかったから、中身も知らなかったワタシ。

でも、保険て家を買う次位に高い買い物と言われてるでしょう。
保険証券を見せてもらうと、あらぁ、やっばりというか、なんというか・・・。

ツッコミ所満載??
長くなるから、今日は割愛しますが
一言でいうとウチにとってのベストチョイスではなく、保険屋さんにとってのベストチョイス。がっかり

これはバッサリ、やめたり、縮小したりさせてもらいました。

この時医療保険も、掛け金はたいした事なかったんですが、いざ何か大病したとき、法人契約ですから会社にお金は入るけど、個人には会社からのお見舞い金で、高くても5万円位のもの。
なんかそれじゃ保険の意味ないなぁ。

先進医療とか受けたい時、お見舞い金じゃねー。
あと退職するときに、個人に名義書換えをすると一生涯の保障が・・・と、甘い言葉もかけられましたが・・・。

その肝心の保障がね、コストの割に、まったく魅力がなかった。

節税になるから・・・って、意味のないものを買うのは無駄使いではなかろうかと・・・。

それで、その時、やめてしまいました。

さて今回、あれから数年たって、年齢が進んだ分、保険料もあがって、それでも入りたい保険があるのでしょうか。

通院特約とか、一時診断金とか、以前にはなかった保障も増えてきたことだし。

 

付け焼刃ながら、いろいろ本を買ってきて、お勉強。

ちなみに今回読んだ本は以下の通り。

・「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由  後田亨

・保険はこの5つから選びなさい            長尾義弘

・医療保険で損をしたくないならこの一冊        三田村京

 

あとアリコの世界ナンバー1営業で表彰されたオサメさんのブログ「医療保険のからくり」

も参考にさせて頂きました。

保険金を払いたくない保険会社の約款にひそませた手口など。

保険なんてアテにできない・・・と、思うのに充分な、リアルな内容でした。

 

順を追って、医療保険について学んだ内容と、私なりの結論をご紹介しますね。

 

まずは入院保障です。

曲者なのは同じ病気では1入院60日まで(あるいは120日までの支給)という規定です。

当初、最近は入院期間が短いから、入院期間なんてあまり気に留めていなかったんです。

むしろどうせ短い入院なら余計な保険料は払わないほうがいいから60日で充分、位に考えてました。

 

でもね、私達世代になると、親世代が長期入院する例を、そこかしこに見ます。

完治していなくても、いったん退院させられるケースがけっこうあるんですよ。

病院経営上、3か月以上患者が入院すると成り立たない仕組になっているので、他の病院に転院させらるんですね。

実際、友人のお母様がピンポンのごとく、いくつかの病院の間を、行ったり来たりしていました。

そうすると次の入院は、同じ病気で入院することになるので、もう入院給付はされないんですよね。

だからといって、そんなにいろいろな病気でしょっちゅう入院するとは思えないし。

 

とするとその保険で給付される上限は、

仮に一日1万円だったら、×60日で60万円。

仮に手術も1回したなら、+20万円。

計80万円。

これがせいぜいの給付限度額だと思います。

 

それでも総保険料が、給付限度額の半分位におさまっているなら、まだいいんだけど・・・。

月々の保険料を最終払い込み年齢まで(終身払いなら、平均寿命年齢まで)計算してみると・・・

 

やあだ!

 

払い込み保険料のほうが、

 

想定される給付金よりはるかに多いの!

 

ウチの場合、オットの年齢もあって、一か月あたりの保険料も高くなるっていう問題はありますが。

でもね、一番の問題は一か月あたりの保険料ではなくて、支払う総保険料。

若い方は、一か月の保険料は、まだお手頃でしょうけれど、支払い済みとなる年齢までの総保険料を計算なさってみてください。

ビックリしますよ〜!

総額ではそんなに払うの!って。

 

うーーーむ、なんのための保険だろう・・・。

 

 

次に通院給付。

これね、今回のオットの骨折では、通院のたびにレントゲンとられて、ギブスがとれてからはリハビリもあって、行くと数千円かかってました。

最初の一か月は、週一で通院していたので、高額療養費制度を使うほどではないけれど、それでもかなりの出費。

それで通院給付の保険に魅力を感じたわけですが、オットのようなケースは対象外。

 

生命保険の通院給付は

 

入院がからまないと支払ってもらえない

 

んですね。

 

ケガに関して言うと、手術が伴うような大けがでない限り、給付はなし。

ガンでもね、日帰り手術で放射線や抗がん剤を通院で・・・というようなケースでは、入院してないから通院給付ナシ。

ま、大きなリスクをカバーするという保険本来の機能からすると、そんなもんかもしれません。

 

 

それから診断一時金。

これ、ガン診断一時金は良さそうです。

例えば100万円の給付があれば、入院はもちろん通院治療にも使えるし、使い勝手が良さそう。

 

ただし急性心筋梗塞とか脳卒中は、

給付の条件として

 

保険会社の定める所定の状態になった時

 

という一文があって、

このハードルがなかなか高くて、いざ!というとき払ってもらえない可能性が高そう・・・。

 

保険に入って、払ってもらえるかどうかわからない・・・って、不安。

不安を払しょくするために保険に入るのに・・・。

意味ないじゃん!

→意味のない特約には入らないほうが良さそう!

 

 

そして最後に先端医療の給付。

これこそが保険のはたす役割大!ですよね。

掛け金安いし。

私も自分の医療保険にはつけてます。

先端医療って言っても、種類はいろいろで、一番身近なところでは白内障の手術。

数十万、かかるらしい。

 

でも一番気になるのは、ガンのときの重粒子線とか陽子線治療ですよねぇ。

ただガン治療は、日本では外科がメイン。

放射線治療はサブの位置づけなので、外科のお医者様のほうもあまりすすめてこないので、先端治療も自分からよほど能動的に動かないと行きつかない。

しかも施設数が限られ遠隔地になることから、なかなか受けるチャンスがないとか。

しかもしかも、保障されるのは技術料のみ。

先端医療で高いのは高額な薬だったり機材の使用料で、医師の技術料ってごくわずか。

でも領収書にはそんな明細は書いてないので、明細がないことを理由に保険会社は不払いするという・・・

 

えええーーーーーっ!

 

もうびっくりです。

一番、保険らしい力を発揮してくれそうな場面で、不払いなんて・・・。

しかも治療費は前払い。

先端医療は保険でカバーされるから・・・とアテにしていたら、払ってもらえなくて、後の生活に困り果てるなんてことになるのも酷い。

 

当初、経済合理性から、医療保険てどうなの?

どこがいいのかな?

と考えてましたが、給付の段階で保険会社の不払い状況を知ってあんぐり。

何年か前、業務停止命令を受けていた保険会社もありましたが、変わってないのかしら・・・。

医療保険て、保険の体をなしてないと思うのです。

どれを選ぶっていうより、どれもこれも入ったらマズいんじゃなかろうかと、思ったしだい。

 

結果、オットの医療保険には、やっぱり入らないことにしました。

払ってくれるかくれないかわからないものに、お金を払うなんて、かえってストレスですもん。

私の医療保険も今月末で解約することにしました。

(掛け金はたいしたことないんですけど、試算したら平均寿命まで生きたとして払い込む保険料が百数十万円。

60日、めいっぱいの入院をしても給付金は払った保険料の半分以下。50万円にも満たないんですもの。いい商売してるな、アヒルちゃん!)

 

 

| health | comments(2) |
| 1/7 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex