Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
子供の頃のような着せかえ遊びを、等身大でやってみます。
オシャレのモットーは「タンス在庫を作らない」。
女子歴長いですから、オシャレの蓄積資産はたくさん!
高いものも、安いものも。新しいものも、うんと古いものも。
これらに今の気分をパラリとふりかけて、
Comariの着せかえ劇場のはじまり、はじまり〜♪
Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
久島優子の手づくりのおしゃれブック
久島優子の手づくりのおしゃれブック (JUGEMレビュー »)
久島 優子
手作りのものってデザインが古臭かったり、なんだかもっさりしたものが多いのですが、この本にのっている作品はシンプルでシルエットもイマっぽく、どれもこれも作りたくなるものばかり。作り方も丁寧に図解されてわかりやすく、イチオシ!です。
イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事 (JUGEMレビュー »)
ユキ・パリス
イニシャルやモノグラムのアートとしての美しさに気づかされます。ふだん手芸などしない人でも、この本を見ると、きっと自分のイニシャルを刺してみたくなりますよ。でも実際に刺繍するなら、まったくの初心者にはちょっと難しいかも。私がそうでしたから。(笑)でも眺めているだけでも楽しい本です。
RITA’S BASIC リタ的ハッピー・クローゼット
RITA’S BASIC リタ的ハッピー・クローゼット (JUGEMレビュー »)
高橋 リタ
はるか年下であるにもかかわらず、私のツボにもはまります。根底でベーシック好き、ビッグメゾンより職人技をリスペクト、というあたりでつながるのだと思います。ゆるいファッションより、どこかキチント感を残したオシャレを好み、サルトルのブーツや、バルバのシャツ、ジャック・ロジャースのトング等に心惹かれる人にはオススメです。
癒しのインフィニティ風呂

5月25日(金) 晴れ 最高気温28度
今日も東京は暑かったですね。
裏磐梯は20度あるかないか。
気持ちよくお風呂に浸かっております。

このところ外部スタッフとのやりとりに、ゲンナリしており(ミスを指摘したら、なぜかこちらが説教されました〜。ありえない。)

本来、やってもらう事になってた仕事も、やってないし、ウーム、甘やかしすぎたか・・・。
いやいや、やめましょう。
せっかく、こんなに良いとこに来たのだから。


さぁ〜っと吹いていく風や、樹木の香り、小鳥のさえずり。
夜は満天の星空。

お湯とともに、いやぁな気持ちが流れていきます。
あー、このお風呂を持って帰りたい!

色々な宿に泊まったけれど、お風呂はここが一番好きかも。

目前の小さな沼と一体化したかのような露天風呂でボォっとし、ライブラリーや部屋の寝椅子に寝転んで本を読む。

(寝椅子からの眺め)
至福の時間です。

一応、こんな格好で来ました。(ま、すぐ部屋着になっちゃったんですが。)
| travel | comments(0) |
ホテルオーレ


5月13日(日) 雨 最高気温22度
昨晩は日本平ホテルがエコパからかなり距離があったので、藤枝のホテルオーレに宿泊しました。

こちらのホテルは藤枝駅に直結しています。
駅直結というと、ビジネスホテルを想像しますが、いわゆるビジネスホテルとは一味も二味も違います。
できて3年で、ほとんど新築。
簡素ながら、モダンでまずまずのセンス。



そして特筆されるべきは、居心地の良さ!

お部屋は、ツインで25平方メートルはあります。

(画像はホテルのHPからお借りしました。)
ベッドも、1200个里罎箸蠅離汽ぅ此
しかもとっても寝心地のいいベッドです。


お風呂は、トイレ別ではないけれど、これがまたゆったりサイズで、のびのび〜と入れます。


大浴場もあります。

チェックインが遅かったので、もう入れないかしら?と残念に思っていましたが、それは杞憂でした。
一晩中、利用できるんです!
12時まで、なんていうところも多いので、ほんとに利用者に配慮してくれてるなと思います。

お部屋の備品やアメニティも充実してます。
一番、嬉しかったのは、パジャマと館内着が用意されていたこと。

こちらはパジャマ。
上質のガーゼ地で、肌触り良く、汗も良く吸い取ってくれます。

こちらは館内着。

大浴場に行くときのためのトートバックも、用意されています。
この館内着で、朝ごはんを食べに行くことも可能。
ラクチーン!
寛げて、嬉しいサービスです。

お部屋にはコーヒーや紅茶、お茶も用意されています。



アメニティは、ローラ・アシュレイ。
こだわってます。



あとビックリの無料のスマホ。

ネットも電話もフリー!

ここまでやる?
凄いですね〜。


そして朝食です。
ビュッフェ形式で、50種類も並んでいるんだとか。

和食の方が充実していましたが、 私は、洋食で頂きました。

 


デザートもありました。

オットと半分個にしました。

あとですね、クルマで行ったんですが、駅前にもかかわらず、宿泊客は駐車場代タダ。
これ、最近、駅近のホテルでは珍しいです。

大概、割引はあっても、駐車場代、取ります。


これでお幾らだと思います?

 


13500円です。

 


二人で、です。

オット、一人分じゃないの?
と、口、あんぐり。

会社勤めの頃、日本全国を飛び回っていたんですが、高くて酷いビジネスホテルばかりだと、ゲンナリしていました。
息のつまりそうな狭い部屋で、朝食付きなんていっても不味いパン、コーヒー、申し訳程度のサラダみたいなもので、それでも金額は一万円位取られたのだそうです。


ホテル・オーレは、痒いところに手が届く、そんな充実の内容でしかもこの価格。
素晴らしい!


もしまたエコパのコンサートに遠征して来るような事があったなら、きっとまた利用します。

| travel | comments(0) |
ENCORE!!

5月12日(土) 晴れ 最高気温21度
気持ちの良い朝です。
カーテンの隙間から、明るい陽射しが射し込んでいたので、そーっと開けてみたならば・・・

ようやく富士山の姿を見る事ができました。

母が富士山好きで、いつも富士山が見えると嬉しそうで。
その姿を見ているうちに、いつしか私も富士山好きになってしまいました。
ホテルの近くには、世界遺産の三保の松原があります。
富士山が眺められるなら、せっかくですから行ってみない手はありません。


三保の松原には、子供の頃、連れてきてもらった記憶があります。
海沿いのホテルに泊まって、ホテルのプールで日がな一日遊んだ楽しい記憶があります。

でも三保の松原の海岸がとてもキレイで・・・!

あの頃、なぜ海で泳ごうとしなかったのかしら?

砂浜もゴミ一つ落ちてなくて、サラッサラ。


それでも靴には、少々可哀想だったかも。

砂まみれ


軽く腹ごしらえした後は、今回のメインイベント会場へ。

エコパです。

そしてそして、

そう、小田さんのコンサートです。
最後かもしれない、チケットが手に入りにくい、そんな思いで地方公演も含め、手当たり次第に申し込んだら、エコパの公演のチケットが取れました。
オットと共に遠征に来たのでした。

何年か前のコンサートの時は、色々な難しい問題を抱えていて、かなり追い詰められていた状況の時もありました。
今回も多少の越えるべき課題はあるけれど、あの時に比べたら、穏やかな心持ちで観に来れて、シ・ア・ワ・セ。

頑張った先には、ご褒美があるって事ですね。
| travel | comments(0) |
リベンジして来てみたら

5月11日(金) 晴れ 最高気温20度
GWは東京でおとなしくしていた代わりに、今日から短い休暇旅行です。
リベンジで、居心地の良かった日本平ホテルを再訪しました。
なにがリベンジなのか・・・と言えば、
富士山!

前回はお天気に恵まれず、見えませんでした。

さて今回は・・・

ジャーン!

クッ(涙)
お天気は、まあまあなれど、富士山は見えず。
富士山方向に雲が多く、全く見えません。(見える時は、こっち方向にドーンと見えるはずなのです。)
日頃の行いが悪いのか・・・
| travel | comments(0) |
日本平ホテル〜dinner編


3月14日(水) 晴れ 最高気温21度
春っぽくなりましたね〜。
今年は冬の寒さがこたえたので、嬉しさもひとしおです。


さて今日は日本平ホテルの夕食のレポです。
夕食は開始時間が、6時と7時半に分かれてまして、我々は当然7時半です。
なんといってもランチで、お腹はパンパンですから。
夕食はこちらで。

ランチビュッフェのダイニングが、開放感にあふれたスペースだったので、この扉の向こうにどんな世界が広がっているのかとワクワク。

でも、案外、普通のインテリアでした。

ちょっと拍子抜け。Docomo_kao8


4人掛けのテーブル席とは別室で、寿司カウンターもあったので、寿司懐石などのメニューもあるのかもしれません。
私たちはテーブル席で、会席料理です。 料理長は、京都のハイアットリージェンシーで腕をふるっていた方だとか。
前菜はヨモギ豆腐とタイの子の塩辛


右下に写っているタイの子の塩辛が、絶品。

ちょこっと明太子がのっているんですが、その合わせ技がうまい!
家でもやってみよう。

オット、ご飯と一緒に食べたいと、後からおかわりを所望していました。

次はオサレな椀物。


蓋を開けると、ふわっと桜の香りが。
甘鯛の桜蒸しです。

吉野葛がといてあって、お出汁がプルプル状。
美味しくいただきました。

お造り



3月のお節句にちなんで、お重が出てまいりました。
一の重がこちら。



二の重がこちら。



そして鴨鍋です。 鴨鍋と言っても、グツグツ煮るのではなく、しゃぶしゃぶ系。

肝心の鴨の写真は撮り忘れてしまいました。

このお蕎麦も、サッと温めていただくという趣向です。

玉露抹茶蕎麦ということなんですけど、これは別にお茶の香りは感じなかったわ。

秀逸だったのが、薬味!

黒七味だそうです。
人生60年生きて、実は初めて知りました。美味しいですねー。
普通の七味より、ずぅっと好きな風味です。

そしてデザート。

果物の桜風味のジュレと右奥に写ってるのが、ほうじ茶のアイスクリーム。
抹茶のアイスクリームはよくありますけど、ほうじ茶って珍しい。
このほうじ茶のアイスクリームが、地味な姿なれど、とっても美味しかったです。

お昼に、あんなにケーキをぱくついて、もうスイーツはいいわなんて、思っていたにもかかわらず、また美味しく平らげてしまいました。

総じて、まずまずの美味しさで、満足満足。


朝は朝で、また美味しいビュッフェでした。
ランチビュッフェに比べると、品数は少ないけれど、朝食としたら充分!
流行りのパンケーキや卵料理は作ってもらえるし、昨日、食べそけた飲茶もあって、再び食べすぎました。


恐れていたとおり、美味しく3食、バクバク食べて、オットは太り、私はお腹の調子が少々辛くなり・・・。焦り
ハイ、自業自得です。

今度来たら、もっと気をつけて食べるようにしなくちゃ。

| travel | comments(0) |
日本平ホテル〜lunch&aesthetic編


3月10日(土) 曇り 最高気温8度
昨日はお天気こそイマイチでしたが、気温は高めだったので、こんなブルゾンで充分でした。
ところが今日は、また気温がストンと落ちて、寒い寒い。
一気に春、というわけにはいかないようです。

さて今日のレポは、ランチとエステ。

日本平ホテルのHPを見ていたら、スパにランチとエステのお得なセットプランがあるのを発見。


どのくらいお得かというと、単品だとオイルマッサージ60分が13000円、ランチは3600円。合計16600円です。

これがセットプランではボディのオイルマッサージ60分と和食膳もしくはビュッフェの組み合わせで14000円です。

つまりオイルマッサージ代に1000円を足すだけでランチがいただけるということになります。

だったらこのプランを利用しない手はありません。


私達は13時からのビュッフェ、15時からオイルマッサージで予約。(前日までの要予約プランです。)

ホテルには12時半前に到着したので、ちょっと待つつもりでいましたが、嬉しいことに、お部屋の準備ができているとの事で、チェックインは14時にもかかわらず、すぐにお部屋に通していただけました。

 


13時になり、1階のダイニングに向かいます。
通された席はこちら。

広々とした芝生のお庭が見えます。

一段下はカフェスペースで、さらに庭に近くなります。

この解放感が好き。

ランチビュッフェは、メインをお魚かお肉かのどちらかを選び、前菜やデザートなどはビュッフェで好きなだけいただけるという仕組みです。
最初に選んだお料理。


かなりの種類があって、とても一度ではお皿にのせられません。

2回目も取りにいきます!

メインのお料理。
私は鯛のポアレを。


オットはハンバーグを選びました。

鯛はソースにカリカリ小梅?が刻んであって、それがいいアクセントになって、とても美味しい。
オットのハンバーグもジューシー!
一口もらったら、美味しかったです。

お腹はいっぱいだったんだけど、目が食べたがって、2回目のビュッフェ。

ペンネとポテトグラタン。(あんまりきれいに盛り付けられず・・・。)

 

 

まだ飲茶もあったんだけど、さすがにギブアップ。

 



そしてお待ちかねのデザート!
ケーキの種類が半端なかった!
独立したデザートビュッフェとして成立するくらい。

ひとつひとつが丁寧に仕上げられています。

これを二人でたいらげ、さらにオットがおかわりでパリブレストとプリンを取ってきました。

しかも他にもチーズケーキやらムースやらありました。
ウンウン言いながらも完食!
いやもう、大満足です。
メインのお料理は、凝ったお料理ではないんだけど、美味しいから、文句なぞございません。 都心のホテルの朝食ビュッフェよりお安く、しかも充実してますから、お薦めです。

 

 

 

 

 

 

さて食後は、スパにてオイルマッサージです。

 

 

15時にはまだ間があるので、いったんお部屋に戻ってゴロゴロ。

間があるとはいっても1時間弱程度では、まだお腹が苦しい。

次回利用するときは、スパは16時の予約にしましょう。

(というより、食べ過ぎに注意すべきなのかも・・・。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらがスパの入り口。

 

 

 

 

 

 

レセプション。

 

 

 

こちらで最初、体調等のカルテを作ります。

 

 

 

 

 

 

施術ルーム。

 

 

カップル用なので広々!

右手のバスにゆっくり浸かってから、トリートメントに入るというコースもあります。



オープンな感じが、とてもいい。

 

インテリアのセンスもまずまず。


ペーパーショーツに着替えたら、いよいよ施術です。

好みのオイルを選んで、マッサージはロミロミとスエデイッシユをミックスしたもの。
オイルマッサージは、気持ちいいけどほぐれないというイメージがあったんですが、そんなことはありません。
的確な圧とストロークで、筋肉をほぐしていきます。かなりお上手と思います。
ほどなく睡魔に・・・。


終わったら別室に通されます。
こちらでハーブティーを頂きまして終了。

とっても良い午後を過ごすことができました。


このプランは、なかなかです。
ぜひ、また来たいわ〜。

| travel | comments(0) |
日本平ホテル〜room編


3月9日(金) 曇り 最高気温20度
春の嵐という予報に、怯えながらも、静岡県日本平ホテルへ。
幸い、嵐には会わずにすんでホッ。
残念ながら、こんなふうな富士山のお出迎えはなかったけど。(写真はホテルの絵葉書からお借りしました。)


お天気がイマイチの今日は、こんなふう。



こちらのホテルは、ロビーや客室からの富士山の眺めが見事で、5年前に全面リニューアルした際のコンセプトは「風景美術館」。

桜にはまだ早いこの季節。
温泉もないこちらのホテルを訪れた理由は、オットの誕生日祝い。

今年は私のお誕生日は、還暦ということでカルチェのエタニティリングをもらってしまったので、オットの誕生日祝いのプレッシャー大!
何を上げようか、良いものが見つけられないまま時間が進みまして、少々焦り。

ここは「モノより思い出」。
一緒に良い時間を過ごすことにしました。
というか、私が行きたかったホテルなんですよね〜。ヘヘッ。
今回は誕生日祝いなので、ランチ&エステも付けちゃう!
太っ腹〜!


うん?
ということは、3食ホテル食。
ほんとに太っ腹になるわ。(オットのほうね。)

ことにランチはビュッフェなので、節制しようとしても無理。
健康診断が近いし、せめて夜は、フレンチではなく和食にしましょう。

ということで、今回は一泊二食付きプラン+ランチビュッフェ&エステです。

まず、お部屋ですね。
お部屋はスタンダードは26?で、都市ホテルの通常のツインの広さ。
でもスタンダードの部屋じゃ、こちらのホテルの良さはまったく味わえません。
狭いというのもあるけれど、窓も小さくお部屋から富士山も見えません。
こちらのホテルに泊まるなら日本平ツインに泊まらなくちゃ!

一面のガラスの向こうに広がるこの景色。
(天気が良ければ富士山が見えるんだけど。しつこいんですが・・・。ほんとに残念。)

ベッドに寝転んで、

目線をちょっと上げるだけで、この景色というのが、一番の魅力。


テレビと書物机兼メイクコーナー。(テレビ側に折りたたみの大きなメイク用鏡があります。)
45?あるので、かなりゆったり。
お部屋で寛ぐことが主目的の私達は、このくらいの広さは欲しいところ。

続いてこちらはバスルームです。


残念ながら、大浴場はないのだけど、その分、お部屋のバスルームはゆったりとした作りで、くつろげます。
秀逸なのは右手の壁が曇りガラスで、昼間はそこが明かりとりになって、バスルームが明るいの。


バスルーム手前の洗面台。

アメニティは通常はシャンプー、コンディショナー、ボディシャンプーのみ。 (フランスのアメニティがいろいろ付いてくるプランもありました。)

お部屋着。

このパンツのない長いシャツタイプは苦手。浴衣同様、落ち着きません。私達はルームウエア持参です。


部屋に通されると、すぐに着替えて、リラックス!
夕食は着替えますが、エステや朝ごはんは、このまま。

お茶セット。
コーヒー、紅茶、緑茶、ミネラルウォーター。

ちなみに冷蔵庫の中はフリーではありません。

部屋には、お願いしてDVDデッキをセットしてもらって、好きな音楽を聴きながら、読書三昧です。

お部屋の中はもちろん、テラスの読書も気持ちの良いものです。

大好きな背中。
髪が少なくなってきたなぁ・・・。
健康で元気な一年でありますように。


明日はコスパの良かったランチ&エステをご紹介します。

| travel | comments(0) |
グダグダ休憩


11月22日(水) 晴れ 最高気温4度
こんにちは。
昨日から、母を連れて、東北にきてます。
昨日の東京は、雲ひとつない快晴でしたが、トンネルを抜けるとそこは、墨絵のような世界でした。
ノーマルタイヤでは、ホテルまでは行き着かず、迎えに来ていただきました。
ホテルには無事に着いたものの、車を下界にとめて来たので、おいそれと外出はできません。
本を読んだり、お風呂に入ったり(雪見の露天風呂はサイコーです。)近くのホテルに遊びに行ったり。
ゆっくりゆっくり過ごしてます。

ほぼ部屋着のようなオシャレには程遠い格好ですので、本日のコーディネートはお休み・・・
と思ってましたが、やっぱり記録の一つだからアップしておこう。

へへっ。
こんな格好でゴロゴロ、グダグダしてます。
突然の寒さですが、皆さま、風邪などひかぬよう、ご自愛くださいね。

| travel | comments(0) |
那須塩原ドライブ編


11月5日(日)  晴れ  最高気温22度
今日 は那須塩原のドライブ模様をお知らせしようと思ってるんですが、その前に・・・。

コートの季節になりつつありますが、時折、コートとの組み合わせについてリクエストを頂くことがあるので、コートを羽織った写真もアップ。

私、コートの裾からスカートは出ないほうが綺麗だと思うんです。
このコートは、共布のベルトがあって、ほんとはギュっと縛って着るほうが素敵。
でもギュっと縛ると、その分、丈が短くなって、スカートが見えてしまうのです。
それでベルトは諦めて、羽織るだけにして着てました。
コート丈って、あんまり長くても、ローヒールが合わせづらいし、難しいですね。
今、ロング丈のスカートが流行ってますが、あれに合わせるコートって、悩ましいだろうなぁ。

さてさて、本題です。
那須塩原温泉は、ぶらぶら歩きはあまり向いてないところで、唯一行ったのは、宿近くの橋。
もの語り館のテラスからの眺めがなかなかのものでした。


その後、宿でゴンドラの割引券をもらったのでハンターマウンテンへ。
モミジラインという有料道路を通って行くんですが、このモミジライン、ドライブにはGOOD。

旧軽井沢から鬼押し出しに抜ける有料道路ってご存知ですか?
あんな感じで、日本ぽくないといいますか、雰囲気のいい道です。

こちらはハンターマウンテンのゴンドラの中腹です。


上の方は、すでに紅葉は終わり。
でも抜け感のある光景が気持ちいいです。





さてお腹が空いてきました。
何か食べたいな。
塩原温泉はめぼしいところがないので、那須高原に行くことにしました。
途中、暖炉で焼くというベーカリーカフェがあるので、パンを買いたかったんですが、ちょうど定休日。残念。
かわりに那須高原でも人気のカフェに行ってみました。
NASU SHOZO CAFEです。

店内の様子


増築部分

ここ、いかにも日曜大工で自分達でトンテンカンやりました、みたいな雰囲気です。

居心地がとてもいい空間です。

晴れて暖かい日はテラス席もいいですね。


気づいたらすでに3時近く。
朝、しっかり食べたとはいえ、さすがにお腹が空きました。
でも残念ながらサンドイッチは売り切れ。
それで厚切りチーズトーストと、


ケーキ類の中ではお腹にたまりそうな松の実のタルトを注文しました。

チーズトーストも松の実タルトも美味しいです。


そしてコーヒー。

カフェなのに、コーヒーが美味しくない店がけっこうありますが、ここはちゃんと美味しいです。

オットも私も、すっかり気に入りました。
足を伸ばした甲斐があるというもの。
でもこの店、ワレワレの訪れたのは平日ですが、けっこう混んでました。
土日は凄く混む?

うん、混むに違いないです。
だって、この標識。↓

駐車場待ちの列が長そう〜〜Dosomo_kao9

また来たいけれど、来るなら平日ですね。

土日にいらっしゃる方は覚悟して。

| travel | comments(0) |
割烹旅館湯の花荘〜朝食編

11月3日(金) 晴れ 最高気温22度
オットの好きなヴィンテージショップで買ったデニムを履いております。
私は細身のシルエットが好みで、最初、この太さは、ウン?な感じだったんですが、オットの強い勧めで買ってみました。
正直、この太さに慣れず、バランスの取り方に四苦八苦。
パラブーツが合うんじゃないかと思っていたら、さにあらん。
デザイン的には、合うはずなんだけどなー。私の身長だと、なんだか全体的にモッサリしてしまって、バランスが悪い。
少し軽めにローファーを合わせて、一段落です。
そういえば、夏、サンダルを合わせていた時のほうが、バランスは取れていたので、案外、軽く抜け感を作ったほうが、うまく着れるのかもしれません。

さて、今日は、湯の花荘の朝食です。

朝食は宿の配慮で、前日とは違う個室になりました。

窓辺の席は、朝のほうが嬉しい。
ご飯は土鍋で、ここで炊きます。


朝はまずグリーンスムージーから。
そしてお出汁のスープだったかな?

ご飯のお供が各種。


サラダです。


湯葉巻き


アツアツの卵焼きとむつ

卵焼きは美味しかったけど、むつは、そーでもない。
残念。

湯豆腐+α


フルーツ

ポイントが高かったのは、目の前で炊く炊きたてのご飯、アツアツの卵焼き。 これらはポイント高し。
ただどうも私はお魚が、イマイチ。
西京味噌の味付けが、口に合わないのかしら?

そんなこんなで、私的には全部、完璧に美味しい!というわけにはなりませんでした〜。


食事については、ちょっとハードルを上げすぎたのかも。
総合評価としての満足度は高かったんですよ。
思いつくままに書くと、初めて実感したお湯の素晴らしさ、ベッドと枕のセレクト、従業員の方の気配り、フリードリンクのコーヒーや紅茶が美味しいこと、湯上りドリンクのセンスの良さ等々。
なかなか良い宿です。

ただ、周辺の環境に難あり。
塩原温泉て、かな〜〜り、さびれた温泉街なんです。汚れている建物もあるし、周囲をぶらぶら歩きって気分にはなりません。
宿の中でずっと過ごすなら問題ありません。というより、どっぷり温泉に浸かって、どっぷり睡眠をとって、英気を養う。そんな過ごし方がぴったりです。
| travel | comments(0) |
| 1/10 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex