Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
子供の頃のような着せかえ遊びを、等身大でやってみます。
オシャレのモットーは「タンス在庫を作らない」。
女子歴長いですから、オシャレの蓄積資産はたくさん!
高いものも、安いものも。新しいものも、うんと古いものも。
これらに今の気分をパラリとふりかけて、
Comariの着せかえ劇場のはじまり、はじまり〜♪
Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
久島優子の手づくりのおしゃれブック
久島優子の手づくりのおしゃれブック (JUGEMレビュー »)
久島 優子
手作りのものってデザインが古臭かったり、なんだかもっさりしたものが多いのですが、この本にのっている作品はシンプルでシルエットもイマっぽく、どれもこれも作りたくなるものばかり。作り方も丁寧に図解されてわかりやすく、イチオシ!です。
イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事 (JUGEMレビュー »)
ユキ・パリス
イニシャルやモノグラムのアートとしての美しさに気づかされます。ふだん手芸などしない人でも、この本を見ると、きっと自分のイニシャルを刺してみたくなりますよ。でも実際に刺繍するなら、まったくの初心者にはちょっと難しいかも。私がそうでしたから。(笑)でも眺めているだけでも楽しい本です。
RITA’S BASIC リタ的ハッピー・クローゼット
RITA’S BASIC リタ的ハッピー・クローゼット (JUGEMレビュー »)
高橋 リタ
はるか年下であるにもかかわらず、私のツボにもはまります。根底でベーシック好き、ビッグメゾンより職人技をリスペクト、というあたりでつながるのだと思います。ゆるいファッションより、どこかキチント感を残したオシャレを好み、サルトルのブーツや、バルバのシャツ、ジャック・ロジャースのトング等に心惹かれる人にはオススメです。
TRATTORIA CREATTA 夜の部


7月12日(木)晴れ 最高気温30度
先日、オットとトラットリア・クレアッタに行ってきました。
↑はその時のスタイルです。

トラットリア クレアッタは、友人とのランチで何回か利用して、毎回美味しかったので、オットにもぜひ食べさせたい!と、思いまして。

せっかくなので、夕食です。
昼も、皇居の緑と光が入って、とても良い雰囲気なんですが、夜は夜でステキ。

低くジャズが流れてます。

一休で、お得なメインが選べる日替わりプランを利用しました。

まずはスプマンテで乾杯。


そしてお料理の開始は、アスパラの冷たいスープ。

前にも食べたことあるけど、何度食べても美味しい。

続いてパスタ。
生パスタ特有のモチモチ感。



そしてメイン。

メインのみお魚か肉かを選べます。
私はお魚。
ソイだったかスズキのグリル。海藻のソース添え。




オットは、なんちゃらブランド豚。

今日はオットの注文した豚の勝ち!
フルーツトマトのソースと相まって、甘くて柔らかくて美味しいの。

〆のデザート

マスカルポーネとコーヒーのティラミス風。

見た目地味ながら舐めたくなりました。

これで税サ込の¥5000

サービスが気持ちよく、スプマンテが付いて、それでいてランチ並のお値段にオットびっくり。

思わず「いいんですか?」って。(笑)


基本、日替わりのおまかせですし、選べるメインも二者択一。

選択肢が少ないものの、このコースは価値があると思います。

初回利用者にはオススメ!


でも数回目の私は、欲がでて好きな料理を選びたい。

選べる4品プリフィクスコースも7000円代で、リーズナブルです。

(これはプリフィクスながら、前菜、パスタ、メイン、デザートのどの4皿でも組み合わせまでご自由に!というもの。)

ワンドリンクとって、10000円弱というところでしょうか。


同じような内容がランチなら5000円ちょっと。

コスパさらに良し!

誰か誘ってみようっと。

| gourmet | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex