Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
子供の頃のような着せかえ遊びを、等身大でやってみます。
オシャレのモットーは「タンス在庫を作らない」。
女子歴長いですから、オシャレの蓄積資産はたくさん!
高いものも、安いものも。新しいものも、うんと古いものも。
これらに今の気分をパラリとふりかけて、
Comariの着せかえ劇場のはじまり、はじまり〜♪
Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
久島優子の手づくりのおしゃれブック
久島優子の手づくりのおしゃれブック (JUGEMレビュー »)
久島 優子
手作りのものってデザインが古臭かったり、なんだかもっさりしたものが多いのですが、この本にのっている作品はシンプルでシルエットもイマっぽく、どれもこれも作りたくなるものばかり。作り方も丁寧に図解されてわかりやすく、イチオシ!です。
イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事 (JUGEMレビュー »)
ユキ・パリス
イニシャルやモノグラムのアートとしての美しさに気づかされます。ふだん手芸などしない人でも、この本を見ると、きっと自分のイニシャルを刺してみたくなりますよ。でも実際に刺繍するなら、まったくの初心者にはちょっと難しいかも。私がそうでしたから。(笑)でも眺めているだけでも楽しい本です。
RITA’S BASIC リタ的ハッピー・クローゼット
RITA’S BASIC リタ的ハッピー・クローゼット (JUGEMレビュー »)
高橋 リタ
はるか年下であるにもかかわらず、私のツボにもはまります。根底でベーシック好き、ビッグメゾンより職人技をリスペクト、というあたりでつながるのだと思います。ゆるいファッションより、どこかキチント感を残したオシャレを好み、サルトルのブーツや、バルバのシャツ、ジャック・ロジャースのトング等に心惹かれる人にはオススメです。
好きな靴が履ける!
JUGEMテーマ:フットケア
2010年12月2日
曇り    最高気温17度
  10月に足が痛くなって以来、もっぱらスニーカーやローヒールの靴ばかりで、ミドルヒール以上の靴は無理だろうとあきらめておりました。(もともと8cmもあるようなヒールはめったなことでは履きませんでしたが。)
 ところがきょうようやくmontrachetさんに御紹介頂いた、神戸屋さんに伺いまして、メウロコとも言うべきの数々の体験をし、好きなヒールのある靴が履けました!
 
   montrachetさんに神戸屋さんを御紹介頂いたのは、もうかなり前。ですが、足が痛いがために、なかなか足を運べなかったのです。先週も近所の伊勢丹まで行ったのですが、これ以上歩くと足が痛くなるな・・・という危険信号。近くに行ったついでに行こうと思っても、それが難しく、きょうは神戸屋さんを目的に予約を入れて行くことにいたしました。



  自分の足の状態、直していただきたい靴を履いたときの問題などをお話し、足をコンピューター計測。フットプリントを撮っていただきました。先日、フットケアサロンでもとりましたが、それは足の裏を印判のようにシートに押し付けてとる方法。こちらはコンピューター計測ですから、重心の位置や親指の角度等まで測定結果がでます。
フットナビ

 私の足は本人びっくりのハイアーチ。開帳足という指摘を受けて以来の、今年2度目のびっくりです。土踏まずが極端に上がりすぎて、甲高な足なのです。足の中心部が無圧で映りません。体重を支える面積が少ないので、疲れやすいのだそうです。
 しかも痛む右足の踵に、体重がかかっています。これは癖というより、右足のほうが少し短いのではないか、と仰います。ハイ、その通り!カイロに行くといつも右足のほうが短いと言われます。

 
 やすはるさんは靴はもちろんのこと、足のことも学んでいらして、とてもお詳しいのです。骨格や筋肉、腱などのつき方から、どこを支えてあげ、どこをカバーしたら楽になるかを考え、それをわかりやすく説明してくださりながら、丁寧に作業を進めていかれます。

 私の足のアーチを下から支えて、右足の踵の痛みをカバーしてくれる靴になるように中敷を作成していくのです。

 実は私の足では、ぺったんこ靴だとかえって疲れるとのこと。ヒールのない靴だと、ハイアーチの土踏まずの部分をムリヤリ伸ばして歩くことになるからだそうで、土踏まずの部分に、ストレスがかかるのだそうです。
 かえってちゃんとサイズがあってアーチにあう靴なら、6cm位のヒールのある靴のほうが楽なはずというアドバイスもいただきました。 

 へぇ〜、今までハイヒールは敬遠しておりましたが、ちゃんと中敷調整をしていただくなら、ハイヒールの靴をかっこよく履きこなすことだってできる・・・!?

 今回、中敷調整をお願いしたのが、ちょうどヒール高6cmほどのパンプスです。当初、黒のパンプスの調整をしてもらおうかと思っていたのですが、気にいっていてもっと履きたいのに、足をつるほどに疲れてしまってめっきり出番が減ってしまっていた茶のスエードの靴の調整をすることにいたしました。

 何度も微調整を繰り返しながら、私のアーチをしっかりと支えてくれるようになった靴は、見違えるよう。なんとラクチンなことか・・・。同じ靴とは思えません。オーダーした靴のようです。

 足裏はどんどん変わるのだそうです。3ヶ月間は再調整は無料ですので、是非いらしてくださいと仰っていただきました。

 なかなかすべての靴の中敷調整というわけにはまいりませんが、少しづつ手持ちの靴の調整をしていきたいと思います。

 montrachetさん、教えていただいてありがとうございました。助かりました。
やすはるさん、職人技の調整をありがとうございました。足が楽です。



 コーディネイト写真には映っておりませんが、紺のタイツでスカートと靴をつなぎ、トレンチに襟元はエルメスのマリンテイストのスカーフをあしらっておりました。 

 

 
| health | comments(6) |
スポンサーサイト
| - | - |
突然のアクセス増に、何事か?と辿ってみれば、こんな素敵なサイトに、感想をいただいていたんですね!!

面映ゆいのですが、とっても嬉しく読ませていただきました。

ありがとうございます。

私のブログでも、お客さまの声として、ご紹介させてください。
よろしくお願いいたします。
| 靴は売らない靴屋 | 2010/12/07 11:13 AM |
Comari さん

こんにちは。
神戸屋さん、とても興味深く読ませていただきました。
私も靴のサイズが35、ぴったり合う靴を探すのに苦労してますので、いつか神戸屋さんに伺ってみたいと思います。

そして、ニットはいつかお話されていた、ドゥロワーのですね。
ぷっくり袖が、マリンにひとさじの女らしさですね。
大人の女性に似合いそうなニット、ステキです。
| coralwave | 2010/12/07 2:04 PM |
やすはるさま
先日は、大変お世話になりました。
あれから、毎日、調整頂いた靴を履いております。
疲れて仕方なかった靴が、今では一番楽な靴になりました。
(さすがに、そろそろ休ませてあげないと・・・と思っておりますが。)
アクセスが増えたということは、それだけ足で悩んでいる女性が多いということだと思います。
どうぞ、みなさんの足も助けてあげてください。

私の感想でよろしければ、どうぞお役立てください。

また伺いますので、その節はどうぞよろしくお願いいたします。
| Comari | 2010/12/07 6:12 PM |
coralwaveさん こんにちは。
神戸屋さん、頼りになりますよ。
自分の足って、知っているようで知らないんですよね。
サイズひとつとっても、私は21.5〜22cmの間位だろうと思っていたら、なんと!左21cm右21.2cmでした。足幅もEの下のD。
だからこれまで22cmや35などのサイズを騙し騙し履いていましたが、もっと小さなサイズを探さないと・・・なのです。(なかなかないですけどね。)

そうそうセーターはドゥロワーです。
地厚で暖かなセーターです。寒くなってきたので、これからどんどん着ます。
| Comari | 2010/12/07 6:22 PM |
Comariさん
調整でお楽になられたご様子、私も嬉しく拝見しました。
やすはるさんは知識も靴への愛情もお持ちなので、安心してお願いできると思いましたが、とはいえ万人に効果を感じていただけるとは限りません。ですが、Comariさんも効果を実感されたようで、ますます自信を持って靴に悩んでいる方にお勧めできます!
今まで痛くなるので履くのを躊躇していた靴で一日中歩けるようになり、突然お洒落の幅が広がっています。
やすはるさんはファッション性を否定なさらないのも、私たちには心強いですよね。
以前ブログで記事にしたア○○に頼らなくても、もっと色々なデザインの靴にトライできそうです(サイズ問題はありますが)。
足裏がどう変化していくのか、お互い楽しみにしましょう!
| Montrachet | 2010/12/08 2:51 PM |
Montrachetさん
暖かいお言葉をありがとうございます。

当初、開帳足のせいで足裏が痛むのかしら・・・と思い、開帳足を治せないかと試行錯誤しておりました。

それが足専門の整形外科の先生に、開帳足ではなくケガが原因の痛みと診断されたおかげで、ようやく開帳足を治さねば・・・という呪縛から解放されました。

実際、神戸屋さんに伺った際には、もともとの足裏のケガの痛みはほとんどなくなっており、むしろかばい歩きで生じた踵の痛みのほうが問題になっておりました。そんな踵の痛みも緩和してくださるような、調整をしていただき、お気に入りなのに疲れる靴が、一気に歩きやすい靴に変身いたしました。
私のハイアーチの足を支えて、踵の痛みを緩和してくれる歩きやすい靴は、外反母趾や開帳足の進行をストップしてくれる靴でもあり、一石二鳥でした。

やすはるさんが、オシャレ心を理解なさって、治せないまでも、進行がストップし、痛みを感じずにオシャレ靴を履き続けることができるようにしてくださったこと、とてもありがたいです。

来月、またお願いするつもりでいるのですが、足裏がどう変わっているか、本当に楽しみです。
| Comari | 2010/12/08 6:34 PM |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex