Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
子供の頃のような着せかえ遊びを、等身大でやってみます。
オシャレのモットーは「タンス在庫を作らない」。
女子歴長いですから、オシャレの蓄積資産はたくさん!
高いものも、安いものも。新しいものも、うんと古いものも。
これらに今の気分をパラリとふりかけて、
Comariの着せかえ劇場のはじまり、はじまり〜♪
Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
久島優子の手づくりのおしゃれブック
久島優子の手づくりのおしゃれブック (JUGEMレビュー »)
久島 優子
手作りのものってデザインが古臭かったり、なんだかもっさりしたものが多いのですが、この本にのっている作品はシンプルでシルエットもイマっぽく、どれもこれも作りたくなるものばかり。作り方も丁寧に図解されてわかりやすく、イチオシ!です。
イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事 (JUGEMレビュー »)
ユキ・パリス
イニシャルやモノグラムのアートとしての美しさに気づかされます。ふだん手芸などしない人でも、この本を見ると、きっと自分のイニシャルを刺してみたくなりますよ。でも実際に刺繍するなら、まったくの初心者にはちょっと難しいかも。私がそうでしたから。(笑)でも眺めているだけでも楽しい本です。
RITA’S BASIC リタ的ハッピー・クローゼット
RITA’S BASIC リタ的ハッピー・クローゼット (JUGEMレビュー »)
高橋 リタ
はるか年下であるにもかかわらず、私のツボにもはまります。根底でベーシック好き、ビッグメゾンより職人技をリスペクト、というあたりでつながるのだと思います。ゆるいファッションより、どこかキチント感を残したオシャレを好み、サルトルのブーツや、バルバのシャツ、ジャック・ロジャースのトング等に心惹かれる人にはオススメです。
プラダのヴィンテージスカート


11月19日(日)  晴れ  最高気温11度
いよいよブーツの季節。
ようやく秋の初めに買ったプラダのヴィンテージスカートを履けます。
厚地でボリュームもあるので、足元もそれなりのボリュームがないと、バランスが悪くて寝かせておりました。
気温がグッとさがり、待ちに待った出番です。

猫も杓子ものブーツインブームが去り、パンツはもちろんスカート姿の方でもブーツを履いてる方は少ないですね。
タイツでマノロの紐靴を合わせるのもありかと思いましたが、やっぱりブーツのほうがかっこいいと思う。

でもこんな風にセーターをインすると、ウエストのあたりがちょっとキツそう。
ふっくらギャザースカートみたいに見えている・・・。
シャツならいいんだけど、冬場はセーターをインすることも多いから、直したほうがいいですねぇ。

それにしても昔のスカートって、小さい。
同じサイズ表記でも、1サイズ以上小さくできてる感。
今のスカートサイズでいうと、小さめ32というところ。5号弱位でしょうか。
1990年代の女性のウエストは、ほんとに細かったんですねぇ。

 

今でこそ、売っているスカートはブカブカですが、ヴィンテージを履くと、だんだんウエストが太くなってきているんだなってわかります。

 

パンツにしてもスカートにしても、腰でひっかけて履くようなタイプが流行っていたし、今は今でドローストリングスタイプのウエスト調整ができてしまうものもあるし、長い間ウエストがあまりに自由だったから。

 

体重とスタイルは別なんですよね。

ちゃんと意識してシメていないと、だらけるものです。

 

| fashion | comments(0) |
自分仕様に


11月16日(木)   晴れ   最高気温15度
朝、夕がめっきり冷え込んできましたね。

今日はかねてより楽しみにしていた、とあるイベントの日でした。
が、残念ながら、チケットがどうしても手に入りませんでした。涙

今日のイベントで着ようと思っていたZARAのジャケット。
このまま寝かせておくのもシャクの種。
それで何にもないけど、着てしまいました。

このジャケット、斜めに並んだボタンがデザインのポイントです。

このボタンなんですけど・・・↓

写真じゃちょっとわかりにくいですけど、直径2cm位あって、ピカピカ。
ボタン負けします。

それで、付け替えました。

少し小ぶりで、マットな金ボタン。
ジャケットか何かを処分したときに、ボタンだけ取り置いておいたもの。
ボタン高いですから。
長い間、保存してて、ようやく日の目をみましたね。

このジャケットは手首にも首元と同じゴールドのレースが付いているんですけども、袖が長くて折って着ているため、見えないの。

Wカフスも悪くないんですけど、やっぱりゴールドのレースが見えてるほうがいいかなぁ。(着るシーンにもよりますけど)

ただ直しに出すと、ジャケット代より高くつきそうで焦り


少し地味目なテイストが私仕様ということで、とりあえず楽しんで着ることにします。

| fashion | comments(0) |
今年のスカーフの巻き方


11月13日(月)  晴れ  最高気温16度
秋になると、スカーフを使い出します。

最近は首元に小さくあしらうのが好み。


以前だったら、丸首のセーターの時は、こんな風↓にしてましたね。


ただこんな風にスカーフを外に出すと、スカーフの端が、風にたなびいて唇にふれると口紅がついてしまいます。
これ、よくやらかして、スカーフに口紅のシミをしょっちゅう付けたものです。

スカーフの端を胸元におさめるようにしてからは、口紅のシミをつけることもなくなりました。


こんな風に小さくあしらう時は、緩まずにボリュームが出ないような結び方をします。
斜めに細長く畳んで、首回りを一周。
そしてスカーフの端から20?位のところに結び目を作ります。



そこに反対側のスカーフの端を通して、キュッと締めます。

これで、あまり緩んだりはしてこないと 思います。

ごくシンプルな巻き方ですが、スカーフの端を襟元で出したり、入れたり、あるいはノットの部分を横に移動したりで、表情に随分と差が出ます。
ただし外に出した場合は、くれぐれも風の強い日にご注意くださいね。(カウボーイ巻きも!)
口紅をつけたりしませんように。

| fashion | comments(0) |
スカートスタイルのバランス


11月6日(月)  晴れ  最高気温21度
自撮りって、難しい。汗

オットはいないし、床置きも面倒で、自撮りにチャレンジ。
全身が映る鏡がクロゼット内にしかなく、光が足りないので、廊下の片隅でムリクリ撮りました。

 

 

今日はグレーから黒へのグラデーション。

スカートをすっきり着るには、トップスとスカートとのバランスが肝要。

以前、パンツで実験しましたが、スカートはパンツ以上に上下のバランスが見た目に影響します。

子供の頃から、トップスをINしたりOUTにしたり、丁度良い頃合いを探していろいろ試してきました。

結果、基本はINのほうがスッキリすると思います。(もっともこれが当てはまるのは小柄で、今流行りの骨格タイプでいうとウエーブタイプだけかも。)

スカートがきつくて入らなかったりした場合は、セーターなら裾を内側に織り込んでみたり、ベルトをしてみたり。

あるいはロングネックレスをしてみたり。

上半身が間延びしないようにしています。

その点、今日のセーター(madison blue)は、スカート向き。

ここまで短ければ、OUTで何の問題もありません。

その代わり、ローライズのデニム等だと、お腹が出る。

スカート専用のセーターです。

 

私的課題としては、スカートに合うバランスの羽織ものを手に入れること。

カーディガンはたくさん持ってますが、みんな長め。

基本、パンツ姿が多いので、パンツとのバランスで丈をチェックして買ってたので。

スカートに合う短い丈感のカーディガンは1枚あったかどうか・・・。

あるいは思い切ってスカートと同じくらい丈のコーディガンタイプもありかもしれません。

ただコートを着ると、もたつきそうですね。

実用性から言えば、このセーター位、丈の短いカーディガンのほうが、長い期間、使えそうです。

| fashion | comments(0) |
ようやく秋コーディネイト


11月1日(水)  晴れ  最高気温19度
早いもので、あっという間に11月です。
10月は、見事なほどの雨続きでしたね。
雨が降っているうちに、秋が通り過ぎていった感じ。
せっかくの晴れなので、急いで、今しか着れない服や靴を着てます。

トップスはアンゴラ入りの毛足がふわふわした黒の五分袖ニット。
皮のスカートは、少々緩いのでニットをイン。

靴は暗くて良く見えないけれど、ヒョウ柄ハラコのルブタンのパンプスです。

皮のスカートもハラコのパンプスも、雨だったら絶対NGですから。
ずっと出番待ちでした。

でも、すでにこれだけでは寒いっ!

肘から手首が出ていると、案外寒く感じます。

外では上にトレンチを着て、首元はカレで埋めて。
周りもチラホラ、冬の厚手のコートを着ている人やタイツ姿の方もお見かけしました。
やせ我慢してないで、私ももうちょい季節を進めたコーディネイトにしようかしら。

| fashion | comments(0) |
ホントの夏の終わり

10月12日(木) 晴れ 最高気温29度
またまた蒸し蒸し。暑いです〜。

ぐっと秋めいてきたかと思うと、夏に戻り、へんな10月です。

もう半袖はしまってしまったので、着るものに困る。
七分袖のコットンリブニットでお茶を濁しました。
天気予報によれば、一応、暑いのも最後になりそう。

明日からは、いきなり最高気温も20度を切るようです。
20度を切ると、長袖でもシャツ一枚では寒くなるので、重ね着シーズンの到来です。

ジャケットやライダース、ブルゾンなどのアウター類を出して、 靴もバックベルトをしまって、ブーツを出そうかな。
大判ストールも朝夕の肌寒い時間に、活躍してくれそうです。

おそらく来週からは、コーディネートも、ぐっと秋めいてくることと思います。

当初予定していたアイテムは、今のところ出会いがなく、まだ手に入れてないけれど、

代わりに、ルトロワのタートルとカーディガンのツインニットとヴィンテージのスカート2枚を新調。

(シャネルを手に入れたあと、味をしめもう1枚、ヴィンテージのプラダを購入。v

本格的に秋のコーディネイトに切り替えていくのが楽しみ。

 

 

 

 

| fashion | comments(0) |
秋の装いの準備


9月9日(土)  晴れ   最高気温29度
そろそろこの秋のコーディネートプランを作る時期です。

初夏に体重が4垓瓩ダウンし、なんとか2圓曚斌瓩靴燭發里痢△覆なかこれ以上は難しく(たくさん食べると苦しい)、おそらくこの体重、この体型のまま、秋を過ごすことになりそうです。

手持ちの秋冬物を試着してみたら、ことごとく大きい。汗
これまで少しづつ、サイズ直しをして、ピッタリにしてきた努力が水の泡。
ほんと文字通り着る物がない〜〜!Docomo_kao18焦り
新しく買いに行っても、大きいのが目に見えており、手持ちの服を直すほうが、お財布には優しい。

それでもお直し代もかなりの金額になる事が想定され、全部直すというわけにはいきません。

一応、キートンのスエードのジャケットと黒革のスカートは直しておきたいかなぁ。

革ということもあり、お直し代も嵩みそう。

ひるんじゃいそうですわ。

新しいものでは、カジュアルニットはもういらない。
オシャレ系といいますか、キチンと系なら欲しい。
デニムに合わせるというより、フラノ等のパンツに合うタイプですね。
そして暖かい!寒がりの私には、これが大事。


パンツは白が欲しい。

冬の白はクリームがかった白が多いけれど、欲しいのは真っ白!

あるかしら〜?


キルトスカートも履きたい気分。
レースアップシューズやアンクルブーツを合わせたい。

あと黒のPコートの裏地が、傷んできたので、裏地を張り替えるか、買い換えるかしませんと。

秋物を見に行くと、物欲に負けて、当初のプランが飛んでしまうので、とりあえず時間のかかるお直しにとりかかってしまうほうがいいかも。

 

じゃないと着ないのに場所だけ塞いでしまうタンス在庫になるだけですから。

| fashion | comments(0) |
IN&OUT スタイルを良く見せる方法探索

9月4日(月)  曇り  最高気温23度

さて、本日は、同じ服で、トップスの裾を入れるのと、出すのとで、どのくらい見え方に差があるのか実験です。


まず裾を出して着てみた写真です。

悲しいかな、かなり胴長短足に見えますね〜。kyu

でも、脚の長さ以上に、腰が張って見える。

下ぶくれ体型が目立つことに気づきました。
裾のラインが、腰の一番張っているところにかかるからですね〜。

裾をINすると

若干ですが、短足胴長ぶりが、目立たない。
安産体型も、少しは目立たない。

中途半端に隠すなら、スッキリ出したほうが、まだスタイルは良く見えるようです。
うーむ、とりあえずこのTシャツの裾出しは、やめよ。

 

ただし裾をINしたスタイルも、まだ改善できる余地はあるような・・・。

Tシャツがコンパクトすぎるのかな?

もう少しユトリがあると、ヒップの大きさがもっと目立たなくなる可能性あり。

 

というか、肩幅がなさすぎじゃないのー?ムスっ
トップ画像のようなジャケットスタイルだと、肩がしっかりあるぶん、ヒップが目立たないもの。


なんとかならぬものか。

 

肩幅がないと、上半身だけ見てると、華奢に見えるんですが、

全身で見たとき、肩幅に釣り合う位に腰幅が狭くないと、ドーーーーンと見えてしまうという残念な結果が・・・。

体重が少ないというのと、スタイルがいいというのは、全然別物なんですよね。がっかり

こういう時、つくづく思い知らされてしまいます。


写真は正直。

 

着画写真の中には、正直、ガッカリ写真もあります。
モデルじゃないんだから、体型の難は、多かれ少なかれあるのは、もう仕方ないこと。
でも服の着方、アイテムの選び方で、見え方にずいぶんと差があるということも、よくわかる。

(例えばきょうの着画も、ジャケットのボタンはとめないほうが縦のラインがきいてスッキリするだろうな・・・とか。)

何が似合って、何が似合わないか、

どんな着方なら、ちょっとはマシになるか、

着画写真を見ながら、自分なりの法則を見つけ出しては、工夫する毎日です。

 

皆さまも頑張ってくださいね。

| fashion | comments(0) |
靴が連れてってくれる場所

8月12日(土)  晴れ  最高気温29度

世の中、お盆休みの真っ最中。

テレビの高速道路の渋滞のニュースを見ながら「すごいネー。」と言いつつ、ぐ〜〜たら。

TSUTAYAに「SUITS」を借りにいってスーパーに行く位の用しかなかったので、ユルユル普段着です。↑

 

ところが急遽、お使いものを買う必要が出てきたので、伊勢丹に行くことになりました。

時間がなかったので、靴だけヴィヴィエのヒール付サンダルにチェンジ。

 

最初のカットはご近所スーパー用。

ヒール付サンダルに履き替えると、同じコーディネイトでもデパ地下位には行けるようになる。

 

ま、スーパー向きかデパ地下向きかというのはさておき、

ホテルマンが足元と時計をチェックしているというような事からも、

どんな靴を履いているかという影響は、かなり大きい。

 

 

当然、キレイに磨いてあることはもちろん、ヒールがめくれあがったりしていないか、メンテナンスも怠りなく!

ですよね〜。

 

| fashion | comments(0) |
ヴィンテージ


8月3日(木)   曇   最後気温29度

少しづつヴィンテージアイテムが増えています。
今日のベルトも、その一つ。

バックルや飾りのプレートの凝った作りが素敵でしょ。

黒のベルトは色々もってるけれど、太すぎず細すぎず、デニムでシンプルなコーディネートの時に、良いアクセントになってくれるので、気に入ってます。
それにヴィンテージの良いとこは、だいたいお手頃で、人様とかぶらないこと。
自分らしいコーディネートの味付けに、ヴィンテージはだんだん欠かせないなぁと思うようになってきました。


ただヴィンテージの場合、出会いは突然にやってきます。

そして見逃すと次はないことが多い。

即決しないとならないんですよね。

そこんとこ、塾考タイプの私はチョイ苦手。焦り

それで、これまでお手頃価格のモノが多い小物ばかり買ってましたが、このたびスカートを買いました。

それもCHANEL!ハート
ふふふ。
よく即決できたわ、ワタシ!るんるん


このCHANELのスカートのことは、また改めて、紹介しますね。

| fashion | comments(0) |
<< | 2/26 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex