Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
子供の頃のような着せかえ遊びを、等身大でやってみます。
オシャレのモットーは「タンス在庫を作らない」。
女子歴長いですから、オシャレの蓄積資産はたくさん!
高いものも、安いものも。新しいものも、うんと古いものも。
これらに今の気分をパラリとふりかけて、
Comariの着せかえ劇場のはじまり、はじまり〜♪
Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
久島優子の手づくりのおしゃれブック
久島優子の手づくりのおしゃれブック (JUGEMレビュー »)
久島 優子
手作りのものってデザインが古臭かったり、なんだかもっさりしたものが多いのですが、この本にのっている作品はシンプルでシルエットもイマっぽく、どれもこれも作りたくなるものばかり。作り方も丁寧に図解されてわかりやすく、イチオシ!です。
イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事 (JUGEMレビュー »)
ユキ・パリス
イニシャルやモノグラムのアートとしての美しさに気づかされます。ふだん手芸などしない人でも、この本を見ると、きっと自分のイニシャルを刺してみたくなりますよ。でも実際に刺繍するなら、まったくの初心者にはちょっと難しいかも。私がそうでしたから。(笑)でも眺めているだけでも楽しい本です。
RITA’S BASIC リタ的ハッピー・クローゼット
RITA’S BASIC リタ的ハッピー・クローゼット (JUGEMレビュー »)
高橋 リタ
はるか年下であるにもかかわらず、私のツボにもはまります。根底でベーシック好き、ビッグメゾンより職人技をリスペクト、というあたりでつながるのだと思います。ゆるいファッションより、どこかキチント感を残したオシャレを好み、サルトルのブーツや、バルバのシャツ、ジャック・ロジャースのトング等に心惹かれる人にはオススメです。
Pコート活躍中


3月6日(月)   曇り  最高気温11度
比較的過ごしやすい暖かめな温度が続きましたが、今日からまた寒さが戻ってくるそうです。
まだ当分、冬物のコートは手放せません。
が、3月の声を聞くと、気分的にロングコートは着たくない。
そこで活躍するのがPコート。厚手のウール地なれど、ショート丈な分、重さがない。

先日、買ったこのPコート。写真より、実物は明るい色あいです。
今年はもうあまり着る機会はないかなぁと思ったけれど、活躍中です。
もちろん、ホワイトデニムに合わせます。笑顔

| fashion | comments(0) |
3月の装い


3月3日   晴れ   最高気温15度
3月に入りました。
春の陽射しが暖かく感じられる日もあれば、寒さに震える日もあって、着るものに悩まされる時期です。

9月と並んでコーディネイトが難しい・・・!

いくら寒いといっても、ウインドーには春があふれ、明るい陽射しの中で黒っぽい冬物はテンション下がります。


そこで春色冬素材。

鮮やかなブルーのストライプのシャツに黄色のカーディガンなんていう色合わせをしてみました。

カシミアのカーディガンが、寒さ対策にはうってつけ。エルメスのカレも、1枚巻くと、かなり暖かく感じられます。暖かいわりにマフラーのような冬感が出ないので、この時期の活用度大です。


でも春色冬素材なんて都合の良いアイテムがたくさんあるわけもなく、やはり毎日、頭をひねらざるをえません。

そんななか、とりあえず手っ取り早いのは、ホワイトデニム。
シャキっとした白の面積が増えるだけで、抜け感とともに、春夏の雰囲気が感じられます。

ここしばらくは、ホワイトデニムのコーディネイトで、乗り切っていこうかと思ってます。

| fashion | comments(0) |
ピッカピカのスニーカー履いて


2月13日(月) 晴れ 11度

昨日、買ったばかりのピッカピカのゴールドスニーカーを履いて六本木ヒルズへ。

映画を観た後はオットにつきあってもらってショッピングです。

そうしたらユナイテッド・アローズで、素敵なPコートを見つけてしまいました。

定価138000円。が、最終処分で50%OFF。何かもう1品購入すれば、60%OFFになるとのこと。

試しに計算してみると春物のストール13000円を1品、購入したとすると、お支払い金額はむしろちょっと安くなる。

そりゃそうです。コートのOFF率の差額が13800円ですからね。

つまりPコートを購入するとコートの定価の60%の価格でオマケにストールがついてくるって感じ

 

これは魅力的!

 

ほとんど買う気になっていましたが、このPコート、カシミア製なんですが、ちょっと薄手。

真冬の着用は厳しい。初冬のほんの1か月弱にしか着る期間がないのです。

そしてその時期に着るべきアウターが、革のブルゾンやトレンチコートを始め何点も。

買ってもあまり着る機会がないのです。

 

クローゼットの状況も考え合わせ、断念しました〜。

ちょっと残念。

でも正しい決断だったと思う。

 

来年、真冬にも着れるもっと厚手のショート丈のコートを探すことにしましょう!

 

| fashion | comments(0) |
寒い日のコーディネート


2月6日(月) 晴れ 最高気温14度
今年の冬は、大寒波がやってきたかと思うと、20度近い暖かな日があったりで、身体もびっくりです。
それでもこの時期は、圧倒的に寒い日が多く、大概は防寒優先でコーデを組み立ててゆきます。
まずは、しっかりした編み地の厚手のニットが外せません。
今日のニットも、そんな寒い日の為の1枚。
写真では分かりにくいのですが、うっすらとピンクがかったグレイッシユな色。ちょっと難度の高い色で、実は少々手こずってます。
が、夫が無造作に選んだ組み合わせに、案外、いいかも〜。
あんまり難しく考えず、白と同じように扱ってみると良さそうです。
アクセントカラーにブルーを襟元、袖口、ソックスに繰り返し少しづつ効かせています。 首回りはブルーのストライプのシャツと引き立てあってくれそうな色合いのエルメスのカレを。

カレは寒さしのぎにもお役立ち!
カレをせっせと買っていたのは、30代の頃ですが、むしろ今のほうが似合うような気がします。

| fashion | comments(0) |
失敗妄想コーディネート


2月4日(土) 晴れ 最高気温14度 

宿情報が続きましたが、着せかえブログですし、本日はコーディネートネタをいってみましょう。

といっても失敗談なんですが焦り


春めいてきたら、こんな色合わせのコーディネートをしてみたいと思っていました。
キレイなピンク色のカーディガンに、ベージュのパンツ。アクセントは少しパープルを感じさせるロイヤルブルーの地にフューシャピンクが入ったカレ。
キラキラのラメの入ったネイビーのベルト、ネイビーのガンチーニ。

それで寒さが緩んだある日、実際に着てみました。
ところが、どうも落ちつかない。
うーーーん、カーディガンの丈がね〜。短いの。ムスっ

腰浅タイプのパンツなので、裾をひっぱりたくなります。

 

仕方なくカーディガンをスリードッツの黄色の丸首にチェンジ。(他のアイテムはすべて同じです。なのにカーディガンの色が違うだけで、全然違う感じになることに今更ながらにびっくり。)

こちらのカーディガンなら、気持ちよく着れるし、バランスも良いです。

頭で組み立てるのも大事な作業です。

でも実際に着てみて初めてわかることもあります。妄想コーディネイトは、あくまで妄想。リアルではないのですね。

 

なんとなく丈感が短いな・・・と思っていても、ほんとに短すぎるか否かは、やはり着てみませんと。

手間を惜しんでいると、コーディネイト美人にはなれないんですね。

 

経験値が経験知につながります。

| fashion | comments(0) |
セルフヴィンテージ


1月23日(月)      晴れ      最高気温9度
最近、セレクトショップに80年代に流行ったセリーヌのバッグとか、グッチのビットローファーが並んでます。
上のガンチーニのローファーも、その頃のモノ。
この頃のものは、今のものより味わいや、職人の手仕事感があっていいんですよね。

でも自分自身が古びてきてるので、どんなもんだろう・・・と、コーディネートしつつも少々迷いがありました。
それが店頭に並び出してるのを見て、お、ヴィンテージの風が吹いて来た!とニンマリ。笑顔

わざわざ買わずとも、ガンチーニに限らずいろいろ持ってるのでね。

グッチのバンブーバッグとか、ロエベのワンハンドルバッグとか。オシャレ人生も長いですから。

こういうのを、セルフヴィンテージというらしい。言い得て妙ですね。
せっかくなので、これらをもっと活かしていこうと思います。
ちなみにガンチーニのコーディネートはこんな感じで。

紺のプルオーバーに紺系のエルメスのカレ、レッドカードのノンウォッシュデニムに合わせてます。

そうそうソックスは先日ご紹介したピエール・マントゥの70デニールのネイビーのハイソックスタイプ。

| fashion | comments(0) |
来年の冬に手にいれたいもの


1月17日    晴れ    最高気温11度
このコーディネートは、今日じゃなくて、年明け早々、ランスヤナギダテで行われた新年会ランチの時のもの。最高気温は9度で、かなり寒い1日でした。あとカレを巻いていたんですけど、コートを預ける際に一緒に渡してしまって、食事中は首元スースー。
それが理由とばかりは言えないと思うけど、この日帰宅後、8度4分の発熱。その後、咳喘息に至ったわけです。疲れた


この日のトップスは、毛足の長いこげ茶のモヘアのセーター。その下にユニクロの極暖に、さらにキャミまで着て、一応3枚の重ね着。
それでも寒かった〜。もちろん暖房は入っていたんですけどね。(若い頃は真冬でもヘーキでノースリーブとか背中がガッと開いたドレスを着てたもんだけど。寄る年波って事なんでしょうか?)


極暖ヒートテックも、確かに普通のヒートテックよりは暖かい。でも私が温い!と思えるほどにはまだ至っておりません。
私にはもう一枚、重ね着が必要。


重ね着していくと、抜け感がなくなり、モッサリして、(レストランというシチュエーション的には)まったくオシャレじゃないけど、この10日間、ホントに辛かった。ムスっ 二度と咳喘息にはなりたくない! オシャレは我慢だなんて、だんだん言っていられなくなるんだと実感いたしました。

 

今年はすでにsaleも終盤戦で手に入れるのが難しいと思うけど、来冬はうんと暖かいオシャレ着を探したいと思います。

| fashion | comments(0) |
夏のふだん着
20140818
8月18日(月)    晴れ   最高気温34度
ふだんからカジュアルですが、世の中どんどんカジュアル化しており、夏なんぞはもうウチソトの差がほとんどなくなります。
ことに家周り徒歩移動だけ・・・みたいな日は、よりお気楽な恰好になります。
そんな日の1枚。

ま、ヴィヴィエのトングを合わせているところが、オシャレ心です。
買い物カゴを、もうちょっと格上げすれば、昼間なら、ほぼどこにでも行けちゃいます。


20140819
8月19日(火)    晴れ    最高気温35度
こちらは夏のお気に入りのアッパッパ。
ネトーッと暑い日本の夏には欠かせません。
腰巻したカーディガンは、スーパーのチルドケースの冷気対策用。
サンドレスのプリントの中に、小さく黄色が使ってあったので、トングを黄色にしてみました。


 
| fashion | comments(0) |
思案のしどころブラウス
20140815
8月15日(金)    晴れ    最高気温33度
パンツにあわせると裾が出てきやすいブラウス。
スカートにあわせればいいかな・・・と、やってみました。

が、どーーーーも、納得いきません。

なんか違います。

どこが?

靴が違う。

どんな靴ならあうかしら・・・・と、妄想。

うん、こんなサンダル↓なら、いいんじゃないかな。
ジミーチュウ
(画像はお借りしました。)
もっともこのサンダルのヒールの高さは、私には絶対的に無理です。
ジミー・チュウである必要もないし、もうちょっとヒールが低く、甲の部分でストラップがクロスするデザインならいいのかな?

今年はワタシ的には赤いサンダルも手に入らなかったし、サンダル不作の年でしたね。
来夏に期待しましょう。

 
| fashion | comments(2) |
思案のしどころ
20140807
8月7日(木)  晴れ   最高気温34度
このアメリカンスリーブのブラウス、もう30年モノです。
当初、同じ生地のふんわりスカートとのセットアップでしたが、スカートをドライクリーニングで、ブラウスを水洗いでと、別々に手入れしていたら、上下で微妙に色が変わってしまって、仕方なく別々に着ていました。

スカートはすでに処分し、今は、ブラウスだけ。
丈が短く、ヒップハングのパンツにあわせると、裾が出てきて、いささか気持ち悪いです。(かといってアウトにする着こなしはあまり合わないんですよね。昨今のパンツはデニムをはじめ、みなヒップハングなので、パンツ類には合わせにくいということになります。)
手持ちの服で合う服は、思いつく限りではブルー系のスカートが1枚だけ。
もうちょっと着たいけど、どうしたものやら・・・。
悩ましいアイテムです。
 
| fashion | comments(2) |
<< | 2/23 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex